もう年末ですね。早い早い…
今年の読んだ漫画、今年のうちにメモしておきたい….
というわけでサクサクっと少しつづメモっていきます。そして2017年ベストオブ漫画も考えておこう~


「レイリ」(3・4)
原作:岩明均
漫画:室井大資

3巻から死にたがりやの主人公レイリがとても活躍しはじめます。レイリと惣蔵で刺客をバンバン切るシーンとかしびれます…!4巻は恩人の丹波さまにねー..泣いちゃいましたよ。私。
というわけで、毎巻とてもきになる展開で終わるし待ち遠しい漫画になっています。


「北北西に曇と往け」(1)
漫画:入江 亜季

絵が相変わらずキラキラと可愛い。絵、タイプです…
内容は、とってもイケメンで17歳には見えないくらいすごいエロスがある男の子が主人公です。彼が旅をしながら探偵をしていて、車の言っているコトがわかって、頭もキレる。
キャラが立っていて、私は主人公のおじいちゃんが好き!ダンディーで私もきっと虜になっちゃうだろうな。


「ペリリュー ─楽園のゲルニカ─」(1・2・3)
漫画:武田一義

「さよならタマちゃん」の漫画家さん。
サンゴに囲まれたパラオ諸島南部の島で昭和19年にあった戦争を元に描いています。
とはいえ、主人公は漫画家にいつかなりたいと考えているわけで、絵とともにホワッとしながらも内容をリアルでエグく描くギャップ。こんなことがあったのかと、勉強にもなり、戦争の恐ろしさをも教えてくれました。続きがきになる…


「アイスバーン」
漫画:西村ツチカ 

短編漫画です。私、短編漫画好きです。そしてこのぶっ飛んだ内容の漫画、好みが分かれるかもしれませんが、私はとても好きです。
一話ずつで違ったテイストだったりしてオシャレじゃい。
「友達が描いたマンガ」の短編では石黒正数さんの作品と名前が出てきてキャ!となりました。さすが自主作品も入っていることだけのことがあって自由でよかったです~^^


その他、マンガ記事はこちらからどうぞ!