原作である「あさひなぐ」の漫画が好きです。

今回、薙刀というマイナーなスポーツの青春スポコン映画ジャンル!
マイナーなスポーツ映画でいうと、当時「ちはやふる」も原作漫画も好きで、映画はあまり期待せずに観に行ったらすっごい面白くて。
それから漫画が映画になっても面白いものもあるので受け入れよう!映画になることへの嫌悪はやめよう!と思いました。

薙刀は映画にすると迫力がありそうだな〜と思いつつも、
映画「あさひなぐ」の監督さんは、英勉監督で、以前の作品で見ていたのは「ヒロイン失格」。
残念ながらわたしとの相性は良くないなぁと思っておりましたのですが、まぁそんなに期待せずにいこうって行きました。

あぁ〜><;
わたしやはり英勉監督さん、ダメだった〜。冷めてしまった。眠くなってしまった。
出演している乃木坂の方々が、というのではなく、わたしは演出が苦手でした。
笑わそうというところに冷めてしまうのがたくさん見受けられて..。
あと設定で突っ込むところとして、「あさひなぐ」の主人公である東島は、小さい背丈という設定。その背を利用した必殺技を主人公に伝授するシーンがあるのです。
だがしかし!今回の主人公に起用された西野さんという方、全然小さくない…のでは…!みんなと同じくらいの普通の背丈…ではーーー!
って突っ込んじゃって全然映画集中できなかった!!(のち西野さんの身長を調べたら159cm…背、高いじゃんか!)

今年観た映画の中で、「あさひなぐ」と「ひるね姫」とどちらがワーストかなと思ったのですが、「あさひなぐ」はこうなるかもと思って見に行ったので、要はわたしが悪い。「ひるね姫」はある程度期待しちゃっていた分「ひるね姫」が今年のワーストのままかなぁ。

最後に、この映画で号泣するのであれば、原作の漫画は大大号泣です。映画を見て興味を持った方、ぜひ漫画をみてほしいです。
キャラの一人一人がとても立っていて感情移入してしまいます。そうすればライバル役の國陸高校の一堂さんのツンケンしている理由もわかります。
—–—–—–
映画『あさひなぐ』公式サイト
監督/脚本:英勉
原作:こざき亜衣
キャスト:西野七瀬 / 白石麻衣


その他の映画記事はこちら